« 2012年1月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年2月27日 (月)

カモメ撮り

(撮影日は昨日です)

 赤鼻をあとにし、もう1ヶ所別の所で日本海を撮影しようとしましたが、リサーチ不足もあって想定していた場所にたどり着けませんでした。どこか良い場所はないかと海岸沿いに走っていると、浜田港の埠頭や上空に多くの鳥が見えたので、鳥撮りに狙いを変更しました。

 100羽はかるく超える数の(たぶん)カモメがいましたが、人馴れしていないようで、5mぐらいまで接近すると次々と飛び立っていきました。最後には1羽もいなくなってしまい、しばらく待っても戻ってきませんでした。カモメさんにはとんだ迷惑をかけたようです・・・(^^ゞ

 撮影しながら感じたのですが、頭の中のイメージよりも随分と体格の良い大きなカモメが多かったです。食べている魚の量が多く栄養状態がいいのか、近くで見るとこれぐらいの大きさが普通なのか、どうなんでしょう。

 

ソロリと近づきながら・・・
Dsc_1241nx
※RAW 現像(CaptureNX2)
カメラ: D700
レンズ: VR 70-200mm F/2.8 G
焦点距離: 170mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: 中央部重点測光
F/4
感度: ISO 200

2mぐらいの高さの防波堤からの飛び立ちです
Dsc_1260nx
※RAW 現像(CaptureNX2)
カメラ: D700
レンズ: VR 70-200mm F/2.8 G
焦点距離: 200mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: 中央部重点測光
F/4
感度: ISO 200

1羽が飛び立つとそれにつられて周りも飛び立ちます。これはたまたま1羽目を捉えられたショットです。
Dsc_1266nx
※RAW 現像(CaptureNX2)
カメラ: D700
レンズ: VR 70-200mm F/2.8 G
焦点距離: 140mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: 中央部重点測光
F/4
感度: ISO 200

飛び立った後を追っかけて捕捉するのは難しかったです・・・
Dsc_1244nx
※RAW 現像(CaptureNX2)
カメラ: D700
レンズ: VR 70-200mm F/2.8 G
焦点距離: 105mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: 中央部重点測光
F/4
感度: ISO 200

近づいては飛び立つのを撮る、というのを何回か繰り返していると、どれが最初に飛び立つかがなんとなく分かってきました。これは最初に飛び立ちそうなカモメに狙いを定めて撮れた奇跡(!?)の1枚。
Dsc_1252nx
※RAW 現像(CaptureNX2)
カメラ: D700
レンズ: VR 70-200mm F/2.8 G
焦点距離: 170mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: 中央部重点測光
F/4
感度: ISO 200

少し離れたところに退避(?)していたカモメに正面から近づいていくと、10mぐらいに近づいたところで一斉に飛び去りました(>_<) 相当、警戒心が強いようです・・・
Dsc_1274nx
※RAW 現像(CaptureNX2)
カメラ: D700
レンズ: VR 70-200mm F/2.8 G
焦点距離: 140mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: 中央部重点測光
F/4
感度: ISO 200

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月26日 (日)

冬の日本海

 ここしばらくの間、冬の情景を撮りたいと思っていました。しかしながら、芸北地区の今冬の積雪の多さは雪に不慣れな者には少し恐ろしく、また、雪景色は日差しによる陰影を楽しみたいため、今日のような曇天では気が進みません。それならばと、冬の日本海の情景を撮ろうと、浜田市の石見海浜公園内の西端にある赤鼻に行きました。

 浜田道を走行していると、大朝ICを過ぎたあたりから小雪が舞い始めました。現地に到着した時もみぞれに近い小雨でした。どうしようかなぁ・・・と少しだけ考えて(笑)、防寒対策&降雨対策(=カッパですね)をしっかり装備し向かうことにしました。

 駐車場そばの案内板には、赤鼻まで600mの表示になっていましたが、「行きはよいよい、帰りは気にしない~♪」と多少アップダウンのある小道を進みました。途中からは、時折りうなるような波音が聞こえ始め、気持ちは高まります。

 

小道の途中にあった看板、「危ないと思ったら無理は厳禁!」と言い聞かせます。
Dsc_0833nx
※RAW 現像(CaptureNX2)
カメラ: D300
レンズ: 17-55mm F/2.8 G
焦点距離: 17mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: 中央部重点測光
F/5.6
感度: ISO 200

少し開けた所から見た、冬の石見海浜公園。鉛色の空が冬ならではですね。
Dsc_0799nx
※RAW 現像(CaptureNX2)
カメラ: D300
レンズ: 17-55mm F/2.8 G
焦点距離: 30mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: 中央部重点測光
F/11
感度: ISO 200

この頃、雨まじりのみぞれに最も降られましたが、白波が立っている割には風を感じませんでした。波の高さは推定2~3mといったところでしょうか。
Dsc_0927nx
※RAW 現像(CaptureNX2)
カメラ: D700
レンズ: VR 70-200mm F/2.8 G
焦点距離: 70mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: 中央部重点測光
F/8
感度: ISO 400

赤鼻の展望所でしばし波景色と戯れましたが、タイミングが分からず連写しまくりでした・・・(^^ゞ (MB-D10を持ってくればよかったかも)
Dsc_1118nx
※RAW 現像(CaptureNX2)
カメラ: D700
レンズ: VR 70-200mm F/2.8 G
焦点距離: 110mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: 中央部重点測光
F/4
感度: ISO 400

上とほぼ同じ所を撮っていますが、打ち寄せる波とともに刻々と変化します。時折り、金属がきしむような聞き慣れない波音もしました。
Dsc_1131nx
※RAW 現像(CaptureNX2)
カメラ: D700
レンズ: VR 70-200mm F/2.8 G
焦点距離: 110mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: 中央部重点測光
F/4
感度: ISO 400

西の方向に目をやると、長年の波によって侵食された光景が見られます。
Dsc_0830nx
※RAW 現像(CaptureNX2)
カメラ: D300
レンズ: 17-55mm F/2.8 G
焦点距離: 30mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: 中央部重点測光
F/11
感度: ISO 200

よく見ると、断崖の上に鳥さん達がたむろっていました。寒くないんですかね。
Dsc_1156nx
※RAW 現像(CaptureNX2)
カメラ: D700
レンズ: VR 70-200mm F/2.8 G
焦点距離: 125mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: 中央部重点測光
F/4
感度: ISO 400

寄せては返す波が作る模様(?)は見ていて飽きませんでした。返す波が滝のように流れる様が面白かったです。
Dsc_1221nx
※RAW 現像(CaptureNX2)
カメラ: D700
レンズ: VR 70-200mm F/2.8 G
焦点距離: 125mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: 中央部重点測光
F/4
感度: ISO 400

行きとは違う道を駐車場へ戻っているときに見えた光景です。真ん中やや上あたりに、二連の橋が見えます!! 今日は行きませんが、行けるものならいつか行ってみたいです。
Dsc_1235nx
※RAW 現像(CaptureNX2)
カメラ: D700
レンズ: VR 70-200mm F/2.8 G
焦点距離: 80mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: 中央部重点測光
F/5.6
感度: ISO 400

 

 たったこれだけの写真ですが、1時間30分ぐらいの滞在でした(^^ゞ 自然の偉大さを改めて感じつつ、日頃の喧騒を忘れさせてくれる波と風と(少しの)雨と戯れたひと時でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月19日 (日)

たけはら町並み雛めぐり

 竹原市で毎年この時期に開催される「たけはら町並み雛めぐり」に行きました。町並み保存地区内のいたるところで、古くは江戸時代の雛飾りをはじめ様々な雛飾りを楽しむことが出来ます。今年の開催期間は、2月11日(土)~3月20日(火)です。(詳細はこちら

 

御殿雛です(全形が分かるように撮っています)。昭和初期まではこの形が主流だったようで豪華です。
Dsc_0844nx
※RAW 現像(CaptureNX2)
カメラ: D700
レンズ: 50mm F/1.4D
焦点距離: 50mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: 中央部重点測光
F/2.8
感度: ISO 1000

上とは違う御殿雛ですが、作りがとても細かいです。
Dsc_0853nx
※RAW 現像(CaptureNX2)
カメラ: D700
レンズ: 50mm F/1.4D
焦点距離: 50mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: 中央部重点測光
F/2
感度: ISO 640

江戸時代の女雛です。かなり盛った頭飾りですね。
Dsc_0846nx
※RAW 現像(CaptureNX2)
カメラ: D700
レンズ: 50mm F/1.4D
焦点距離: 50mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: 中央部重点測光
F/2
感度: ISO 450

昭和40年代の女雛です。七段飾りの一番上に鎮座していました。
Dsc_0856nx
※RAW 現像(CaptureNX2)
カメラ: D700
レンズ: 50mm F/1.4D
焦点距離: 50mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: 中央部重点測光
F/2
感度: ISO 320

 

貝合わせの実物も展示されていました。雅びな遊びがあったものです。
Dsc_0858nx
※RAW 現像(CaptureNX2)
カメラ: D700
レンズ: 50mm F/1.4D
焦点距離: 50mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: 中央部重点測光
F/2.8
感度: ISO 1100

邸内からの庭の見せ方も粋な感じでした。
Dsc_0861nx
※RAW 現像(CaptureNX2)
カメラ: D700
レンズ: 50mm F/1.4D
焦点距離: 50mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: 中央部重点測光
F/2.8
感度: ISO 200

ピーク時にはもっと多くの人が散策を楽しんでいました。
Dsc_0879nx
※RAW 現像(CaptureNX2)
カメラ: D700
レンズ: 50mm F/1.4D
焦点距離: 50mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: 中央部重点測光
F/11
感度: ISO 200

散策中に見かけた和みです。
Dsc_0893nx
※RAW 現像(CaptureNX2)
カメラ: D700
レンズ: 50mm F/1.4D
焦点距離: 50mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: 中央部重点測光
F/1.4
感度: ISO 200

 

竹鶴酒造にも歴史あり。ここは、ニッカウヰスキーを創設した竹鶴政孝の生家です。
Dsc_0895nx
※RAW 現像(CaptureNX2)
カメラ: D700
レンズ: 50mm F/1.4D
焦点距離: 50mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: 中央部重点測光
F/2
感度: ISO 200

甘口の新酒で試飲が可能でした。(車の運転でしたので香りも嗅いでませんが・・・)
Dsc_0920nx
※RAW 現像(CaptureNX2)
カメラ: D700
レンズ: 50mm F/1.4D
焦点距離: 50mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: 中央部重点測光
F/2
感度: ISO 250

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月18日 (土)

MB-D10購入

 今さらですが、現在の主力機種であるD700とD300に対応した、マルチパワーバッテリーパック MB-D10 を購入しました。

MB-D10には、縦位置シャッターボタン・マルチセレクター・メインコマンドダイヤル・サブコマンドダイヤル・AF作動ボタンが付いており、縦位置での撮影が便利になります。

加えて、バッテリーとして単3形電池8本、または別売のリチャージャブルバッテリー EN-EL4a/EN-EL4 を使用すれば、連続撮影コマ数が最高約8コマ/秒になり、D3S/D3の最高約9コマ/秒と遜色ない高速連写が可能になります。

ただ、元々、MB-D10単体の価格(定価\42,000)は最安値でも\27,000程度(キタムラでは\34,000だったかな)であり、使用頻度と天秤にかけると買おうと思う金額ではありませんでした。また、エネループ等の単3形電池8本を装着すると重量がD3S/D3より重くなってしまうということもあり、購入せずじまいでした。

加えて、法律改正により国内では2011年11月に出荷終了(ニコンの記事)になってしまい、いよいよ購入することはない状態になっていました。

 

そこへ2月7日に D800/D800E が発表になり、D700の純粋な後継機ではないにしろ、連続撮影コマ数がFXサイズでは約4コマ/秒と少々物足りないこともあって、高速連写用に MB-D10 を入手したいとの思いが湧き返しました。(注:決してD800の購入を決めた訳ではありません・・・ (^^ゞ )

ネットで中古相場をウォッチしましたが、出ている数も少なく、価格も¥23,000~ とあまり安くはない状態でした。さらに情報を調べてみると、アメリカのアマゾン(amazon.com)で購入できることが分かり、今なら円高の恩恵もあって新品を安く購入できるため、アメリカのアマゾンに注文することにしました。

また、この際、重量問題も解消するために、リチャージャブルバッテリー「EN-EL4a」 とEN-EL4aの充電器「MH-21」 とEN-EL4aをMB-D10で使用するために必要なバッテリー室カバー「BL-3」 も一緒に購入することにしました。

アマゾンで手続きを順次行ない、確定させようとしたときに、EN-EL4aのみは海外発送不可の表示が出ました。(理由はよく分かりませんが、国内でもまだ販売しているからですかね?)

仕方ないので、EN-EL4a以外の3点をアメリカのアマゾンにて購入し、EN-EL4aのみ日本のアマゾンで購入しました。

すべて2月11日に注文し、「EN-EL4a」は2月13日に、「MB-D10」「MH-21」「BL-3」は2月18日に無事到着しました。

装着も試写もまだしていませんが、ぼちぼち稼動させていきたいと思います(^^♪

 

記念に・・・アメリカのアマゾンからの小包です
Dsc_0836nx
※RAW 現像(CaptureNX2)
カメラ: D700
レンズ: 50mm F/1.4D
焦点距離: 50mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: 中央部重点測光
F/2
感度: ISO 200

包を開けたところですが、少々心配になる梱包状態でした^_^;
Dsc_0833nx
※RAW 現像(CaptureNX2)
カメラ: D700
レンズ: 50mm F/1.4D
焦点距離: 50mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: 中央部重点測光
F/5.6
感度: ISO 800

EN-EL4a(MB-D10の上の小さな箱です)と合わせて記念撮影です
Dsc_0840nx
※RAW 現像(CaptureNX2)
カメラ: D700
レンズ: 50mm F/1.4D
焦点距離: 50mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: 中央部重点測光
F/2.8
感度: ISO 1600

 

【2012年2月22日追記】

今回の買い物帳です。換算レートは「79.968円/ドル」相当でした。

 ・MB-D10 \18,709 ← $233.95

 ・MH-21 \9,121 ← $114.06

 ・BL-3 \2,795 ← $34.95

 ・Shipping & Handling (発送手数料かな) \2,149 ← $26.87

 ・Import Fees Deposit(関税?) \1,639 ← $20.49

円高ならではのお買い得価格になりました。

ちなみに、EN-EL4a の購入額は \12,453 でしたが、アメリカのアマゾンでは $107.64 でしたので、もし購入できていれば、\8,604 でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 7日 (火)

ニコン D800/D800E発表

 ニコンからD800が発表になりました。今年最も気になっていたカメラです。

D800_1

D800_2

機種名だけで言えば、D700(2008年7月発売)の後継機になりますが、中身は大幅にブラッシュアップした内容になっています。

なんといってもまず目を引くのが、画素数が3,630万画素になったことです。D700が1,210万画素ですから3倍です。解像度が大幅にアップしそうです。

他にもファインダー視野率が約100%、フルHDムービーや清音撮影モードの搭載などが嬉しい機能です。

また、D800Eは、モアレや偽色を抑制する役割を担っているローパスフィルターの働きをなくしたタイプで、より解像感が向上した「D800の超高解像仕様」とのことです。

 

とはいえ、いいことばかりではありません。

まず、1枚あたりのファイルサイズが大きくなります。ニコンのホームページによると、いつも撮影しているRAWファイル(ロスレス圧縮RAW/12ビット記録)では、1コマあたり約32.4MBになるようです。(D700では約13.3MB)

記録メディアは16GBのCFを使用しているので何とかなりそうですが、PCのハードディスク増強が必要になりそうです。それ以上に問題なのは、D700のRAW現像でさえ快適でない状況なので、PCのスペック向上(=買い替え)が必須になることです。 あっ!、D800を買うとしたらの話です・・・ (^▽^;)

また、連写コマ数が、D800単体でも、同時発売されるマルチパワーバッテリーパック(MB-D12)を装着してもFX時には4コマ/秒であり、少々物足りない感じです。動体撮影よりは風景や静物撮影向きということでしょうね。

あと、高感度耐性がどの程度なのかも見ものです。D700と同等であれば言うことなしですが、さすがに高望みですかね。実写サンプルが多く出てきたら、実際に見て判断をしたいと思います。

 

気になる価格ですが、キタムラでは以下のようになっています。

 D800:¥268,200(下取りカメラがあれば\5,000引き)

 D800E:¥313,200(下取りカメラがあれば\5,000引き)

D800Eの方が高い理由はよく分かりませんが、スペックからするとD800は(D800Eも)かなりの売れ行きになりそうな感じです。

発売日はD800が3月22日、D800Eが4月12日です。

これも実機を触ってみたいですね(^^♪

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年4月 »